くまのプーさんの世界に入っていけないのは、どうしてなのか?

東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている「くまのプーさん展」に行ってきました。物語の挿絵を手掛けたE. H. シェパードの原画を中心とした展覧会です。会期が始まって10日くらい経った頃に行きましたが、会場はものすごい人混みで、プーさんの人気を改めて実感しました。

ところが、順路に従って展示品を見ていくうちに、プーさんの世界に入っていけないものを感じました。理由はよくわかりません。単なる好みの問題なのかもしれまいし、ディズニーの影響もあるのかもしれません。もともと私はディズニーが好きではないし、ディズニーのアニメでは原作とストーリーを変えているようです。

展示品を一通り見終わった後、ミュージアムショップでプーさんの物語の本を買ってみました。原作を読めば、何かがわかるかもしれないと思ったからです。実際に手に取ってみたところ、一度読んだだけでは物語が頭の中にスッと入っていきません。何回か繰り返し読んでみて、ようやくプーさんの世界が見えてきました。どうやら私は、プーさんの世界とは相性が良くないようです。脱毛 都度払い 安い