目が疲れている時は目の筋肉が緊張しているから、遠くを眺めて緩める

ずっと同じ作業を続けたり2〜3時間パソコンをしたりすると頭痛や肩こりが起こる人もいるでしょう。或いは文字がぼやける、目が疲れ集中力が途切れてしまう人もいるはずです。これは現代人の共通の病ともいえますが、長時間眼を休めるのは不可能に近いです。

ブルーベリーが目に良いといいますが、毎日食べ続けるのも大変です。仮に落ちた視力が戻るとしても限界があります。視力が低下しないように、2〜5分遠くのものを眺めて目を休めましょう。遠くのものをよく見ようとすると、かえって目が痛くなるかもしれないので、眺めるくらいが良いでしょう。

遠くを眺めることと眼精疲労は密接な関係があります。近くを見ている時は目の筋肉が緊張している状態ですが、遠くを眺めると緩みます。緊張状態が長時間続くと筋肉が疲れ、目の鈍痛や肩こりにも影響します。 目の筋肉の動きと視力低下は関係があるといわれています。

30分や1時間に1度、目を休めることは簡単ではないですが、休めるときは遠くを眺めるクセをつけるといいでしょう。キレイモ 回数